FC2ブログ

iGO&iTERO口腔内スキャナー院内勉強会

iTERO口腔内スキャナー院内勉強会を行いました。
通院中の患者様にはご迷惑おかけしました。
igoとはマウスピースをつけて行う、いわゆるプチ整形ならぬプチ矯正です。

矯正というと2年以上、歯に金具やワイヤーをつける方法がほとんどです。
費用も高額で、歯並びをキレイにしたいと思っても決意するまでには至らず諦めている方も多いのではないでしょうか。

今回東歯科医院で取り入れたigoシステムは
本格的な矯正までいかなくても、ほんのちょっとしたズレやスキマ、矯正の後戻りのズレに焦点を当てています。
期間も3カ月半!
ワイヤーなどはつけずにマウスピース!
夢のような医療革新だと思います。

さらにiTEROという口腔内スキャナー装置を使えば、今まで辛かった型採りが不要で、お口の中の写真を撮ってマウスピースを作成することが可能です。

IMG_9482.jpg


矯正大国アメリカが発祥です。
マウスピース矯正にシフトチェンジして来ているようです。
日本ではまだまだ取り入れている医療機関が少ないのですが、次世代型の矯正が始まったように思います。

スタッフ一同
スポンサーサイト

型どりの材料が新しくなりました!!

みなさんは歯医者さんで、被せものをつくるための型どりをしていて「型どりの時間が長くて苦しいな、嫌だな」と思ったことはありませんか?

当医院で使用している型どりの材料は、お口の中で固まりきるのを待つのに今まで患者さまに2分30秒のお時間をいただいていました。

このたび!
型どりの材料がリニューアルされたことにより、この硬化にかかる時間が2分ですむようになりました。

型どりが苦手な方も、以前より苦しい思いを長引かせることなく行うことができます。

当医院ではこれからも患者さまのため、よりよい治療をご提供するために新しい材料や器具を導入していきたいと思います。

また、型どりが苦手で歯医者さんに行くのが憂鬱...という方に!

高歯会ホームページ『歯ッピースマイル』に掲載している記事、

「吐き気がつらくて歯医者に行けない方必見!治療が楽になる12の方法」
https://happysma.com/dental-clinic-vomiting-reflection-4258

をご覧ください。

つら〜い型どりをラクにするためのポイントを詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。



東歯科医院スタッフ一同

歯科外来環境体制加算施設

最近また歯科医療機器の未滅菌の状態の使用(使い回し)について報道されているようです。日本では2014年の読売新聞で初めて報道された問題です。2日前に患者さんからも「どうなっているの?」と質問されたので、ここで改めてお伝えしておきます。東歯科医院では2013〜2014年にタービンやコントラなどの歯を削る器械を多数購入し、患者さん個々で滅菌対応しています。
個別滅菌パックされた歯科医療機器

また2015年にヨーロッパ標準のウオッシャーディスインフェクターを導入し、患者さんやスタッフに高水準の医療安全を提供しています。
待合室には院内滅菌手順を掲示していますので、ぜひご覧ください。
ちなみに2日前の患者さんの質問に対してスタッフは、「よくぞ聞いてくれました」と返答したそうです。
ヨーロッパ標準の滅菌手順は工程も多くスタッフにとっても大変なシステムですが、私はそのやりとりを見てとてもうれしくなりました。
東歯科通院中の患者さんは、安心して通院してください。

東歯科医院は、平成20年4月には厚生労働省より「歯科外来環境体制加算施設」として認定されています。
これは歯科診療の特性を踏まえ、患者さんにとって、より安全で安心できる歯科外来診療の環境の整備をはかる取り組みに対する評価です。
これからも東歯科医院では、より安全・安心な診療環境を整備する努力を継続していきます。

ウオッシャーディスインフェクター
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる