日本歯科補綴学会

5月27日横浜にて日本歯科補綴学会に参加してきました。今年の学会では、インプラントの上部構造の材質や、補綴種類の選択基準と、天然歯にどのような咬合面を与えるかということについて新しい知識を得ることができました。お世話になった大学時代の先生や、同級生に会うこともできました。
                                                                                                                          院長 東 高士
GetAttachment[1]
スポンサーサイト

日本アンチエイジング歯科学会第7回学術大会に行ってきました

5月19日・20日、名古屋国際会議場にて行われた日本アンチエイジング歯科学会学術大会に出席しました。毎年、東京や名古屋、北海道など場所を変え、7回目になる今年は名古屋で日本全国から学会会員の先生方はじめ多くの参加者のもと盛大に開催されました。

学会2

2日間のプログラムは、3会場に分かれて終日講演が行われ、まさに大会テーマの“ポジティブな歳の重ね方”をしていくために何が必要かを勉強させていただきました。

学会4

市民公開講座の「歯と全身のアンチエイジングとのかかわり~歯周病と全身疾患との相互関係~」愛知学院大学歯学部 野口俊英教授のお話は、歯周病の患者様の治療と経過を具体的に長期的な症例写真やデータでわかりすく説明され、多くの参加市民の方が自分の口元をさわりながら聞いていたのがとても印象的でした。野口教授の“歯周病は治るんだという意識が大切、多くの抜歯対象の歯でも治療で治る”という言葉に、改めて患者様の歯を守る責任や使命を感じさせられました。

学会1
      [優しい笑顔が素敵な野口教授と]

「歯周病と代謝性疾患、栄養摂取と健康づくりのコンセプト」
  鶴見大学歯学部 武内博朗教授
「治療ステージから考えるエイジングマネージメント」
  高輪歯科医院 加藤正治院長
「歯科予防における歯科衛生士の役割と未来」
  医療法人真稜会I Dental Clinic 井上啓介理事長
学会6
「アンチエイジング~仕事とプライベートの充実~」
  宝田歯科医院 宝田恭子院長

他にも、最新の歯周病細菌検査法やDNAバンキングサービス、矯正治療システム、歯周内科療法、サプリメント、ヒアルロン酸治療など、2日間で頭の中をパンパンにして帰ってきました。これらをしっかり自分で理解しまとめ、新しい知識、情報は医院のスタッフに伝えていきたいと思います。

学会5
[お世話になっているファンケルの皆様と加藤タキさん(若い!)と懇親会で]

松尾会長のお話で日本は毎日約600人の人口が減って、毎日約2,000人の高齢者が増えているそうです。これからもこの学会の方針である1.容姿管理 2.生活管理 3.寿命管理 を基礎にひとりひとりの患者様を大切に向き合っていことが必要と考えています。

何か興味のあることがございましたら、是非ご連絡、ご来院ください。

歯科衛生士 横井節子

東京医科歯科大学のポストグラデュエートに参加してきました。

e58699e79c9f[1]


5月13日東京医科歯科大学のポストグラデュエートに参加してきました。
タイトルは「現在、顎関節症はこう治す」、講師は日本歯科大学の原先生でした。
「顎が開かない、顎を動かすと痛い、顎を動かすと雑音がする、に代表される顎関節症の治療法も以前と比べて革新的に変化してきている。
顎関節症は、四十肩や腰痛と病態が似ていて、医科に準じた確定診断、治療法が選択されるべきである」と話されていました。
当院では、顎関節症の治療には不可逆的な治療法ではなく、保存療法を第一に選択するようにしています。と同時に、歯科衛生士が筋膜マッサージを施術し、患者様の顎、頚部の柔軟性、可動性を高めることによりつらい症状を緩和していく治療を行っています。この治療法は、顎関節症だけでなく、かぶせものや義歯を装着する患者様にも有効な場合もあります。
他の体の筋肉と同じで、口や顔の筋肉も普段からストレッチすることが重要なようです。                      
                                                                   東

プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる