Occlusal Treatments Middle-classコース

今回は反射、歯牙の変位、咬合面形態、咀嚼運動終末位、習慣性開閉口運動終末位、咬頭咬合位、非機能的な力による様々な問題、咬合採得など、これらすべての検査方法、検査結果を踏まえてどう対処していくかなど、とても濃い内容でした。
この知識を補綴物に反映できるよう努めていきたいと思います。
歯科技工士 高橋
スポンサーサイト

6月修練会

技工士の芦田です。

6月9、10日に大阪で開かれたtreatment&provisional restoration の勉強会に参加してきました。

securedownload[2]


プロビジョナルレストレーションは簡単にいうと一般的には仮歯(TEK)と呼ばれるものの事ですが、目的や手段によって
①インテリムレストレーション
②トリートメントレストレーション
③プロビジョナルレストレーション
④ディフィニティブレストレーション
⑤パーマネント/エタニティレストレーション
⑥テンポラリーレストレーション
に分けられます。



なぜ仮歯を作るのか、
なぜ咬合面を作るのか

その答えは、元々天然歯はなんのためにあるのかという事を考えるとわかりました。
それは咀嚼をするためです。

食べ物を食べて栄養を吸収する。
人間らしい生活をするには歯というものはとても大切な働きをしているのです。

なくなってしまった歯を補うために、
どのような形態、接触で修復物をつくるかはとても重要になります。

仮歯はただ削った歯牙を保護するだけでなく、咀嚼、発音、審美性の診断。
形態的、解剖的な咬頭嵌合位の安定を主眼としたり、
咬合再構成では機能的な咬頭嵌合位(咀嚼終末位・習慣性閉口位)の発見を主眼としたり。

最終的な修復物をつくるまでによい形を探る必要があります。


一本一本の歯の形にもちゃんと意味と役割があるのです。
その役割を理解して、患者さんの口腔内に最終的にセットされる修復物の形を探るためにしっかり仮歯を作っていきたいと思います。

securedownload[1]
4から7のプロビジョナル
補撤装置は咀嚼のための人工器官

Occlusal Treatments Middle-class コース

5月31日、大阪にて講習会に参加してきました。
今回は、講師である中村先生の症例を中心に、歯の変位を考慮した咬合接触、形態、使用材料、その理由など、前回よりも深く詳しく教えて頂きました。
この講習会で勉強している知識を具現化し、患者さんに反映出来るよう努めます。

金属アレルギーについて

5月30日に朝日新聞にて金属アレルギーの記事が掲載されていました。

DSCF5355.jpg

記事によると、
2010年度に皮膚炎で病院にかかった人の内、約3%は金属によるアレルギーが原因だそうです。

東歯科では来院される患者様に、患者様からのご希望がない限りは、保険診療を行っております。
しかしながら、保険診療では前から4番目の歯から後ろの歯は金属による修復になってしまいます。
もし、患者様の中で金属アレルギーをお持ちの方は事前に受付か担当医までお知らせください。

メタルを使わない修復物や、貴金属を使用した修復物などの保険適応外の材料を用いた治療のご提案をさせて頂きます。

アレルギー体質の患者様は一度皮膚科などで調べてみるのもいいかもしれませんね。
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる