口腔インプラント専門医臨床技術向上講習会に参加してきました。

6月16日に東京歯科大学にて、第14回日本口腔インプラント学会主催口腔インプラント専門医臨床技術向上講習会に参加してきました。

GetAttachment[3]

インプラントとインプラントのかぶせものともに、難症例を見極め、安全&安心のインプラント治療をどうしたら提供できるのか、講習を聞いてきました。

2012年のSystemticな論文ではインプラントの生存率が5年で95.6%、10年で93.1%で、かぶせものの生存率では95.4%、10年で80.1%であったことが報告されています。また、まったく問題がなかったのは66.4%でした。

今回の技術向上講習会では、毎日咀嚼で用いている口腔においては、インプラントだけでなく、まわりの歯や歯肉にも経年変化が生じてくるので、かぶせもののやり変えなどが必要となる場合があることは当然であること、そしてその事実を術前に患者様と共有しておくことが重要であると提言されていました。

歯科医師 東
スポンサーサイト

~高歯会~WORKSHOP

6月10、11日院内勉強会を行いました。
2日間の休診ご協力頂きありがとうございました。

今回の勉強会では、院長が参加している修練会の
林先生を講師にお招きし行われました。
修練会では高レベルな補綴治療を患者様に行う
事ができるよう日々修練されています。

DSC01687_convert_20130615130837.jpg

東歯科でも現在補綴治療を行っていますが、
特殊な器具や機械が多く、患者様の中には治療の
意味や、必要性、治療期間、に対し不安を抱えて
来院されている方もいらっしゃいました。
そこで今回の勉強会では患者様に寄り添い私たち
医療従事者と患者様が同じゴールを目指していく
ための技術、知識の習得を目的とし行いました。
先生の技術が優れていても、スタッフ、医院全体の
技術が伴わなければ良い治療は患者様に提供する事
は絶対にできません。

DSC01686_convert_20130615131503.jpg

そのために必要な印象採得、口腔内写真の技術習得。
そして患者様の不安の声に答えていくための知識、
治療説明などを講義で学びました。

DSCF5058_convert_20130615131424.jpg

林先生のお言葉に「治療の選択肢」とありました。
噛み合わせを主訴に来院された患者様に対し、豊富な技術と
知識を習得する事により患者様に対しより良い治療を行う事が
できるよう院長を筆頭に向上し続けていきます。
補綴治療後の患者様が一人でも多く笑顔で過ごしていけるよう
私たちスタッフも全力で頑張っていきたいと思います。
貴重な2日間を頂き、患者様、林先生、ありがとうございました。                

                         DH渡辺

高歯会で勉強会を行いました

6月10日、11日と休診させていただいて、院内研修を行いました。

補綴3

東院長も参加している、修練会の林先生をお招きして、実習と講義を受けさせて頂きました。

1日目は実習。
カメラとミラーを使って、基本の位置や撮りやすい角度を指導して頂きました。
患者様によってお口の中の形は事なるので、その人にあった位置での短時間での撮影を心掛けていきたいと思いました。

補綴2

歯の模型を作る時に必要な、印象採得(型取り)のトレーニングもしました。

正確な検査をするには、正確な資料が必要となります。

印象採得をする際、“何を目的として、どこをみたいか”を把握して採ることが精度の高い模型を作ることにつながります。

トレーの試適は正確な型取りが
出来るだけではなく、患者様の負担を減らすためにもとても大事な事だと再認識しました。

2日目は講義。
滅菌や消毒の基礎的な事から、補綴治療(噛み合わせ)の検査の内容まで時間の許す限り、講義して頂きました。

補綴1

何の為の治療?
どう治療する?
どう治っていくの?
いつ終わるの?
どうなったら終わり?

など、患者様が知りたい事はたくさんあるはずです。
Dr.や、スタッフが治療の流れを初めから治療終了までしっかり理解する事で、最善の治療に挑む事ができます。

私達スタッフ一同、できる限りわかりやすい説明をし、患者様に理解してもらいながら協力して一緒に治していけるように、これからも日々勉強に励んでいきたいと思います。

最後になりますが、とても貴重な2日間になりました。
休診日にご協力頂いきましてありがとうございました。

DH 吉田

川口市歯科医師会学術部主催の口腔がん検診に参加してきました

6月2日(日) 川口市歯科医師会学術部主催の口腔がん検診に参加してきました。

IMG_2195[1]


東京医科大学口腔外科の全面的ご協力で、無事健診を終えることが出来ました。

高齢者の増加により、口腔がんも激増しているようです。

もし気になるようなお口のできものなどありましたら、一度診てもらった方が安心かもしれませんね。

歯科医師 東

歯の健康フェスティバルに行ってきました

平成25年6月2日、川口市リリアで“歯の健康フェスティバル”が行われました。毎年、お子様からご年配の方まで楽しめてためになる催し物や展示が沢山あります。

8020 1

その催しの中の“8020コンクール”に、当院の患者様が2名参加されました。

fes_2013[1]

会場で実際にお口の中の診断をしてもらい、80歳以上で20本以上の歯があるという認定書を頂けます。

8020 2

その参加者の中から更に優秀な方が、秋に表彰を受けるようになります。参加のお二人は20本どころか、28、29本「何でも食べられる」歯をお持ちです。

8020 3

人生の大先輩であるこの素敵な患者様に多くの事を学びます。そして、私はこの大先輩の「食べたい物を美味しく食べられる」お手伝いが少しでもできているかな?と自負し、とても幸せな1日を過ごさせて頂きました。

歯科衛生士 横井節子
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる