shurenkai 補綴臨床ステップアップ講座 2回目

みなさんこんにちは!
花粉が結構攻めてきてますね、、、!!
くしゃみ止まらないDr岡です


今回はshurenkai 補綴臨床ステップアップ講座 2回目を受講してまいりました!


今回のテーマは《補綴診断》!


診断というのは治療に本当に大切なことでひとたび診断を間違えれば結果的に機能回復や機能維持ができす、患者さんの信頼を失ってしまいます
これをしっかりするためには


補綴検査


が必要なのです

補綴検査をしてから補綴診断をし、そして正確な診断結果をもってインフォームドコンセントを患者さんに得てもらって


かーーらーーのーー



補綴治療なのです!!



早く患者さんを治療しようしようと焦る気持ちもありますが、心穏やかにまずはきちんとした検査をすることが一番大事である

患者さんのためにもなる

ということを再認識させられる授業でした


次回は歯科疾患の原因についてです!
また頑張って授業に臨んできます!!


ところで今回の勉強会、僕が大学時代ずっと席を並べて授業を受けていた親友の佐藤先生と偶然にも一緒でした!




✳︎左端に佐藤先生がいらっしゃいます!

学生時代の雰囲気を懐かしみながら残り4回、頑張って行こうと思います!
スポンサーサイト

2月19日 医院内勉強会

2月19日に勉強会を行いました。

最初に、予約管理システムを導入するにあたりお話しから始まりました。
情報の引き出しや管理が簡易化するなどメリットが多い反面、操作方法の不慣れな難しさなどデメリットもあります。患者さんにとってより良い環境になるようこれからスタッフみんなで勉強していきます。

次に、歯科技工の高橋さんから被せ物の型を取る材料についてのお話しでした。
患者さんのお口に入る物を作るにあたり、精密に型を取る為には材料の性質を知る事がとても大切になります。患者さんのお口の状態を観察し考え、ポイントを押さえ工夫して行っていこうと思います。

DSCF9426.jpg

次に、前回に引き続き歯科衛生士の横井によるアンケートの集計報告をおこないました。
患者さんのお声を聞くことで当院の良い点、改善すべき点を知りより良い環境になるようスタッフみんなで努力していきます。

最後に当院の問題や課題についてみんなで話し合いました。
問題になったことの状況を確認し、どうするべきだったのか、これからはどうしていく事が大切か改善策を考えました。
スタッフが共通理解を深め高品質な医療を提供する事が出来る様に日々努力していきます!

歯科衛生士 小田切

東京都歯科技工士会 卒後実習講習会

2月13・14日に実習講習会に参加してきました。
今回、講師の先生はBPS世界コンテストで1位を受賞した岩城謙二先生で、BPSの術式における技工士から見たチェック項目や対応の仕方などを詳しく講義して頂きました。
2日目には岩城謙二先生のデモンストレーションを見ながらデンチャーカラーリングを実習しました。
まだまだ修行が必要ですが、義歯の付加価値を高められるよう、努力していきます。

技工士 髙橋

shurenkai 補綴臨床ステップアップ講座 1回目

皆さん今更ながらあけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします
高歯会のDr.岡です
今回僕は品川にて行われたshurenkai 補綴臨床ステップアップ講座 Diagno&Inspect に参加して来ました!
今回は全6回のうちの第1回目でした
初回となる今回は
・補綴とは咀嚼するための人工器官であり、患者さんのQOLを向上させるために多大な影響を及ぼす
・理想的な解剖学的形態が決して全ての人に同調して正常に機能させるとは限らない(見た目が良いからといって噛めるとは限らない
・今まで僕たちが信じて行ってきた正しい咬合の決め方、調べ方はあまり根拠のない曖昧な方法である
といった内容でした!
自分の中にあった咬合に関する認識があまりにも甘々だったことを思い知らされました、、
今回は正しい検査や診断の内容まで話が及ばなかったので次回が楽しみです!
それではまた来月お会いしましょう!!
Dr.岡でした
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる