グッペリってご存じですか

6月12日に大宮西口の献血ルームにて
歯科衛生士のボランティア団体が行っている
イベントに行ってきました。

”Goodbye Perioプロジェクト”として活動されている彼女達は
「日本から歯周病の人をなくしたい。みんなの健康を守りたい。」
という想いから、歯周病とその予防方法を知ってもらうため
いろいろな場所でイベントを行っているそうです。

主に歯周病予防に効果のあるデンタルフロスの提案と
正しい使い方のアドバイスをしていました。

大宮の献血ルームでは月に一回このイベントを行っています。
私はずっと行ってみたいと思いついにこのたび行ってきました。

フロスって難しいな・・・大切なのはわかるけど
慣れてないとめんどくさいなって思っちゃいますよね。
私もフロスの使い方をしっかり伝えきれてなかったなと
悩んでいた時に知ったのがこのイベントです。

患者さんに伝えるためにはまず自分がもう一度教えてもらってからと考え
参加してみたら、とても勉強になりました。

当医院に入らした時には私たちがわかるまでお伝えしますが、
一般の方でも気軽に行けるイベントですので、
フロスの使い方でお困りの方はぜひ行ってみてください。
顕微鏡もあり、お口の中の簡単なチェックもしてもらえますよ。
詳しくはグッペリで検索してみてください。

14657097670.jpeg

写真はスタッフの方々と一緒に撮っていただきました。
いつか、そちら側にたってみたいです♪

歯科衛生士 村上




スポンサーサイト

医科歯科連携講演会に行ってきました

6月12日(日)、横浜のはまぎんホールで行われました歯周病・糖尿病 医科歯科連携講演会に分院の歯科衛生士と2名で参加してきました。

DSC_0118_convert_20160613104243.jpg

皆さんもご存知のように糖尿病と歯周病は炎症で繋がっています。
ですから、一方通行の治療だけでは、なかなか改善しないこと、反対に双方をしっかり治療することで、相乗して症状が改善することがあることを糖尿病専門医と歯科医師からの臨床データから改めて学びました。

~医科が口腔を語り、歯科が全身を語る~
IMG_convert_20160613102945.jpg


また、しっかり噛めない口腔内では、健康に必要な栄養を正しくとれないことで、炎症による感染症以外にも、いろいろな全身の病気に繋がることも学びました。

そして、なぜ“噛めない”のか?口のこと、体のこと、心のことを患者さんから一番よく聴けるのは誰でもない私たち歯科衛生士であることを叱咤激励されました。
糖尿病専門医である西田先生は「生まれ変わったら歯科衛生士になりたい」こんな嬉しい名誉なエールを全国の講演会で歯科衛生士に発信してくれています。

DSC_0120_convert_20160613104402.jpg
(愛媛からお越しの西田先生…befor&afterは必見!)

患者さんの状態をしっかり検査して、患者さんに伝えることや担当の歯科医師、患者さんのかかりつけの医科の先生方と連携を持って“噛める”ための治療に協力できる歯科衛生士でなければならいとつくづく思いました。
“歯を見て体を診ず、体を見て口を診ず”の医療人にはならないよう心がけていきます。

「連携」とは…お互いに協調し機能すること

鶴見大学歯学部の花田先生が日本医師会や厚生労働省に働きかている事項の中で、医科歯科連携手帳がありました。
いつかきっと歯科医院に来院される患者さんが、この健康手帳(勝手に命名)持参で安心して治療やメインテナンスを受けられる時代がやってきますね。
また、花田先生からは歯科衛生士は患者さんにしっかり栄養指導がてきるように栄養学を学ぶことを課題にいただきました。

DSC_0121_convert_20160613104519.jpg

横浜さすがに遠かったですが夜景を楽しんで帰りました。

歯科衛生士 横井

院内勉強会をおこないました


6月10日(金)に院内勉強会をおこないました。

スライド


今回は岡先生、歯科衛生士の横井からセミナーで学んできたことを発表していただきました。
日々医療は進歩しています。東歯科では、毎月行う勉強会で必ず学んできたことを他のスタッフと共有しあい、新しい情報を取り入れながら診療しています。

また、後半は東歯科をより良くするための話し合いをおこないました。

情報を共有し、一人一人の意見を聞き、話し合いをし、スタッフ全員で同じ目標に向かう意識を再認識できる勉強会はとても充実した内容で終わりました。

これからもスタッフ全員で頑張っていきますので、よろしくお願い致します。

歯科衛生士 村上

Shurenkai学術講演会


2016.6.9品川KaVoショールームにてShurenkai学術講演会に参加させて頂きました。
今回のテーマは『ドイツの補綴、日本の補綴。』
Shurenkai主宰の中村 健太郎先生。ドイツマイスター技工士の大川 友成先生。Shurenkai技工インストラクターを務める松前 団先生。三名の先生方からCAD/CAM技工をメインテーマにして、お話を聴くことができました。
まず驚いたのは、大川先生が話されたドイツの歯科業界。日本では保険適用外の補綴装置が保険適用であったり、国民も歯科への関心がとても高いことがわかりました。
そしてその一端を担う歯科技工士の仕事内容にも驚きました。大川先生のラボ(歯科技工所)では直接患者さんが訪れ、ディスカッションしながら1つの補綴装置を作り上げているそうです。時には患者さんが求める歯とプロの目から見た歯とが一致しない時もあるので納得いくまで話し合い、作り直しをするそうです。納得した歯が完成後、歯科医院にて歯科医師からの最終チェックを受け患者さんに装着されるとのことでした。オンリーワンの歯を作るためにはお金も時間もかけるドイツ国民性なのでしょうか。日本には無いとても良いシステムだと思いました。
CAD/CAM技工に関しては、歯科医師と歯科技工士で連携を取り、患者さんの要望にあった最適な補綴装置、材料(マテリアル)を選択し、その特性にあった設計を行う。そして、口腔内に確実に接着することが大切だと実際の症例を見ながら説明して頂きました。
これから歯科医療の主軸になるCAD/CAM技工について、もっと勉強していかなければならないと感じた1日でした。

技工士 高橋

川口歯科医師会口腔がん検診




川口歯科医師会口腔がん検診のお手伝いをしてきました。
口腔がん検診は川口市の例年の事業です。
今年は検診者のキャンセル数も少なく、だんだん回数を重ねるにつれて口腔がんに対する啓蒙活動も普及してきたように感じました。
通院中の患者さまも、もし気になるお口の中のただれや、できものなどありましたら、お早めに担当医もしくはスタッフにご相談ください


院長ぶろぐ



歯科医師 東 高士
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる