医療法人財団健康院 設立記念セレモニーに行ってきました

平成25年2月8日(金)帝国ホテルにて、第82回日経健康セミナー21と協賛の医療法人財団健康院の設立記念セレモニーが行われご招待いただきました。

健康院1

セミナーでは「病気を未然に防ぐチカラ~最先端予防医療のススメ~」をテーマに、堺屋太一先生の突然の来場、ご挨拶から始まり、渡邊昌先生や寺島実郎氏の基調講演では統合医療の必要性や日本の元気な高齢化社会を創る社会工学的知恵などを聴講しました。パネルディスカッションでは、「予防で医療を変えてゆく」をテーマに楽しく勉強になるお話を聞き、セレモニーでは、帝国ホテルのシェフの美味しい料理に至福の時を過ごしました。

健康院3

健康院2

2050年には日本の人口は1億を割り、そのうち4000万人が65歳以上の時代になることが予測されるとのことです。

日本は高齢化社会を迎えて医療費も急激な増加の一途をたどっているのは皆さんもご存知のことと思います。日本の国の借金は1000兆円にものぼり、中でも医療費は2011年で37兆8千億円、前年度より3.1%増加したそうです。これが年々高齢化とともに増加すれば、現在の日本の税収50兆円と近い将来その数値は逆転し、医療保険制度の破綻も現実問題になるでしょう。

そういえば、昔よくアメリカ人やカナダ人の同僚に、日本人は何で風邪をひいたくらいで病院に行くの?と聞かれたことがあります。私は逆に健康保険があるのだから使った方がいいよと言うと、風邪くらい自分で多めにビタミンとって、養生して治すものと強く言われたことを思い出しました。

もしかしたら私達は、国任せで少し甘えていたのかもしれませんね。
“病気にならないようする”“病気になりにくい体をつくる”ことがいかに日本のお財布を助けるかを学びまた。

そんな病気になる前に、最先端の予防医療で病気の発生を未然に防ぐために設立されたのが「健康院クリニック」で、ファンケル創業者の池森賢二名誉会長が人を幸せにしたいというお考えのもと私財をとおじて設立されたとのことです。まさに健康な人、健康を維持したい人が行くクリニックです。

健康院4
(池森賢二名誉会長と折茂肇健康院理事長とご一緒に)

銀座6丁目に10階建ての素敵なクリニックですが、残念ながら?歯科がありません。体の健康はまず“口”からと、予防歯科導入もお願いしてみました。

歯科治療も“むし歯や歯周病になってからの治療”では時間も費用もかかります。当医院で行っています定期的な検診、歯石除去や歯磨き、お手入れのチェックは、むし歯や歯周病の早期発見・早期治療に有効です。また、定期的な予防治療は歯残存数維持に大きく影響します。

少しでも多くの方の、美味しく楽しい食事と、病院いらずの健康な体の維持のお手伝いができれば幸いです。

最後に100歳の5万人の調査で、長生きの秘訣は
 ・くよくよしない
 ・幸せな家庭
 ・よく笑う

歯科衛生士 横井
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる