耳鼻科医と歯科医のコラボレーションに参加しました。


11月3日(日)東京医科歯科大学にて行われた、「1st Sinus Symposium ~耳鼻科医と歯科医のコラボレーション~」に参加してきました。

今回は、上顎臼歯部欠損に対して行われるインプラント治療において、骨が少ない症例で用いられる骨造成術(サイナスフロアエレベーション)の、診査・診断と術式および合併症とその対策等について、歯科医、耳鼻科医それぞれの専門的な立場から術式の検証をする内容です。


骨造成術(サイナスフロアエレベーション)では、術後に上顎洞炎を生じるケースがみられます。講演では、歯科医・耳鼻科医それぞれの立場から、いろいろな意見があり大変勉強になりました。


今回の講演を聴講して、術前の診査・診断の重要性を再認識するとともに、耳鼻科医の先生方と連携して治療に望む重要性を学びました。
インプラントは高頻度な治療になりつつある今だからこそ、治療の安全性や合併症の対策を再考する良い機会になったと思います。



                         歯科医師 飯野 
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる