5月25日仙台の補綴学会で発表してきました

5月25日仙台の補綴学会で発表してきました。タイトルは「Arcus Digma2 adduction field によるインプラント補綴治療」です。

今回学会参加を通じて学んだことは、「これからの補綴(かぶせもの、義歯の)治療は単なるかみあわせという観点から治療するのではなく、咀嚼がしやすくなるための噛み合わせ、嚥下がしやすくなるような咀嚼、という観点でかぶせものや、義歯を作製していくべきである」ということでした。とくに嚥下からみた義歯の有用性に関しては同級生が講演していたこともあり、雑談交えていろいろ勉強できました。

IMG_2515[1]

今後の臨床に活用しやすい実践的な学会でした。  歯科医師 東


スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる