インフェクションコントロールのセミナーに行ってきました

平成26年6月22日にGC東京本社で行われた『修練会が推奨するインフェクションコントロール』のセミナーに参加してきました。

GC滅菌1

このところ、新聞やネット上で“歯を削る機器の使い回し”“歯科医院の消毒や滅菌の現状”などが問題になっています。
そして、歯科業界で今一番売れているのは、歯を削る機器やそれを滅菌する器械ではなく、歯を削る機器を包む滅菌パックといわれるものです。

各歯科医院の様々な事情や考え方、あえて営利目的で故意に、とりあえず滅菌はしないでパックにだけ入れて歯を削る機器を使いまわす…これがまだまだ現状と思うと残念でなりません。

幸いなことに、当院では数年前から、特に院内感染や交差感染に対して歯科医療だけでなく医科の消毒・滅菌についても学び、医院内でもすでに実践しています。
患者様がより安全で安心に治療が受けられますよう心がけておりますので、どうかご安心ください。

GC滅菌11

何事も日々進歩していますので、新しい器械、薬品、知識、データや情報は常に学び、必要なことは変えていかなければなりません。

GC滅菌9

今回のセミナーでは…
●感染管理者(安全管理者)の育成
●感染拡大の防止
●滅菌の保証(無菌性の保証)
を午前の講義で、午後は、手指消毒の実習や実物を見ながらの消毒薬、滅菌機器の使用方法、実際に院内における消毒・滅菌の作業工程の流れ、ゾーニング設定を学びました。

GC滅菌5

GC滅菌3

まず、大切なことは、医療従事者(医院スタッフ)や使用の器械を通して、他の人(患者様やスタッフ)や器械に感染のルートをつくらないことです。
そのためにできることは、まず基本は手指消毒から!

修練会の中村先生の「忙しさに振り回されて確実性を失わないこと」を肝に“手洗いに始まり手洗いで終わる”医療を目標にしたいと思いました。

歯科衛生士 横井
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる