東京医科歯科大学へ学生講義に行ってきました

今年も東京医科歯科大学へ学生講義に行ってきました。

私が大学院時代に専攻した保存修復学は、コンポジットレジンという有機材料を用い、歯を削る量を少なくして虫歯を除去し1回の治療で歯の形態まで回復するための術式や材料の研究を行う学問です。

歯を削る量が少なければ歯の神経を失うリスクは少なく、神経のある歯はない歯にくらべて歯を失うリスクが少ないことは科学的に証明されています。

現に日本人が歯を失う本数は減少しており、保存修復学が果たした功績は大きいと考えます。

学生にはコンポジットレジン修復を学ぶ意義に関して、臨床的な観点から講義をしました。

また、私が東京医科歯科大学を卒業した年に主任教授が就任されたので、私の歯科医師のキャリアと保存修復講座どちらも今年で20年になります。

大学は変わらない点も多いですが、ワークライフバランスへの試みとして学内保育施設ができていました。

IMG_3141[1]

これからは働き方の多様性に対応していかなければ優秀なスタッフの雇用が難しくなるのは大学も同じなんですね。

東歯科医院が埼玉県の働き方実践企業認定を取得したのは方向性として間違っていなかったんだな、と感じました。

歯科医師 東
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる