㈱GCのユーザーセミナーに行ってきました

8月30日(日)に本郷の株式会社ジーシーで行われました滅菌機器のユーザー向けセミナーに院長と参加してきました。

WD1
 (MELAG社のChristophSandow氏のご講演)

今回は当院でも使用していますバキュクレーブ31Bという器材を滅菌する機器の使用やメインテナンスの方法、また新しく発売予定のメラサームという器材の洗浄器の使用や必要性についても聴講してきました。

WD3
(化学的インジケータで滅菌が正しく行われているか確認)

また、これらの機器を製造されているドイツのMELAG(メラグ)社から来日された責任者の方と講演後に直接質問もさせていただきました。ちなみにこのメラグ社はドイツの滅菌消毒器材の専門メーカーです。1951年よりこの道一筋、研究から開発、製造まで手掛けている世界一の滅菌器メーカーですので、当院でも安心して毎日の器材の滅菌に使用しています。ドイツやイギリス、ユーロ圏では厳しい国と州の規制のもと、歯科医院で毎日行う滅菌業務は滅菌データの保管やBowie-Dickテスト(空気除去性能や空気の質に異常がないか確認)の実地が定義付けられているとのことです。聞けば聞くほど日本の歯科医療の消毒・滅菌レベルとの格差を思い知らされました。

WD4
(高水準レベルのウォッシャーディスインフェクター)

先月末からまた新聞やWebサイトなどで歯科器材の滅菌や水質問題についてとりあげられていますが、来院される患者さんは実際に自分に使用される器具やお水が、どこまで?どうように?消毒・滅菌されているか確認の手段がありません。ご心配の方も多いかと思われます。当院では今後‘滅菌性の保証’が患者さんにもわかりやすくご納得頂けるように、‘見える化’ができるように準備しております。

WD6
(お土産に消毒スプレーと明るい懐中電灯頂きました)

すべては患者さんの安心と安全な治療のために、今後も努力していきます。

WD2
     (ご講演の皆様と院長と一緒に)

歯科衛生士 横井
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる