歯科助手認定講習(第六回)

8月27日、歯科助手認定講習会の第6回めに参加してきました。

 午前の部は、「矯正歯科」「小児歯科」をテーマにした講義が行われました。

大家6-1





 小児歯科診療とは、0歳から15歳頃までの子どもを対象にした診療のことをいいます。

 乳歯は永久歯に比べてやわらかく未発達であるため、虫歯菌に対して抵抗力が弱く、う蝕の進行が大変速いという特徴があります。

 歯科医院で定期的なチェックを受けることで、虫歯の予防・予測ができるようになります。

 また、乳幼児の頃からの虫歯予防への取り組みは、8020(1989年より推進されている「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動)を実現させるための、最初のステップにもなります。

 講義では、乳歯の特徴・小児の成長に合わせた口腔清掃法・小児患者への接し方などについて学びました。

 午後の部では、「歯科技工」をテーマに講義を受けました。

大家6-2





 今回の講義では、全部床義歯の製作の流れについて映像を見ながら学びました。

 義歯は、10項目以上ある工程を、診療室と技工室で交互に作業しながら完成させていきます。

 技工室でどのような作業が行われているのか、今まで目にすることなかったため、今回学んだことはとても興味深く、勉強になりました。

 具体的なイメージを持つことで、より知識が定着して理解が深まるのだと感じました。

 次回は第7回になります。今までの講義で身につけたことをしっかり復習しなおして臨みたいと思います。



DA 大屋
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる