東京ディズニーリゾート・ゲストサービススタイルを受講して

3月10日に東京ディズニーリゾート・ゲストサービススタイルという接遇セミナーに参加してきました。

ディズニーテーマパークの行動規準として4つの鍵があるそうです。
優先順位の高い順から安全(Safety)、礼儀正しさ(Courtesy)、ショー(Show)、効率(Efficiency)の頭文字を取り“SCSE”と呼びキャスト<従業員>がゲスト<お客様>サービスを行う際の判断の拠りどころになっているそうです。

安全な環境作りとして全ての柱の角を丸くし、ゴム製な物で覆っているそうです。他にも段差を極力無くし、雨の日は床が滑りやすくなるためキャストは常に周りに目配りしお声がけするようにしているとのことでした。
礼儀正しさでは、「いらっしゃいませ」ではなく「こんにちは」などの日常のあいさつから始めることで会話のきっかけとなり次のコミュニケーションに繋げているとのことでした。他にも笑顔、笑声を意識し話す相手に目線を合わせる事が大切だと教わりました。
ショーでは、どの年代の方からも好印象を持って頂けるように身だしなみの基準を守り、パレードだけでなく、お土産屋などパーク内のゲストの目に触れるものすべてをショーと捉えているそうです。それだけでなく、マンネリ化してしまうキャストの仕事内容も目に見えないショーと捉え初演だと考えて行うことで相対的に“楽しさ”に繋がるため、常に初心を思い出して仕事していると学びました。
効率では、チームワークよく働くことが無駄を省いて効率を高めることに繋がっていくという考えをもち、安全、礼儀正しさ、ショーの3の鍵を充分に守った上で効率を重視しゲストの満足度を高めているという教えでした。

今回のセミナーを受講する前までは、効率を優先することは患者さんの為になっていると思っていたが違うということを学びました。自分の今までの行動を見つめ直すこと事がスキルアップへ繋がると思いました。
ご講義で一番印象的だった言葉は、“知っていることとできることは違う”ということでした。失敗を恥じるのではなく、経験が増えたと捉え失敗した理由を考え、どうするべきだったのか、これからどうしていくのかを自身で考え、時には仲間と共有しアドバイスを受けることが大切だと教わりました。チームワークの大切さをここでも感じました。

ウォルト・ディズニーの残した言葉で「ディズニーランドは永遠に完成しない。この世界に想像力が残っている限り成長し続ける。」というのがあるそうです。
失敗が多い私ですがまだまだ伸びしろがあると前向きに捉え、考える事を諦めずに成長していきたいと思います。

DSC_0017 (2)
受講後に歯科助手の大屋さんとディズニーシーの視察をさせて頂きました!

歯科衛生士 小田切
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる