shurenkai 補綴臨床ステップアップ講座 5回目

皆さんこんにちは!
最近めっきり暖かくなりましたね!
半袖か長袖か毎朝悩んでる

Dr.岡です

今回は5回目となるshurenkai 補綴臨床ステップアップ講座にまたまた参加してきました!

今回は補綴検査とプロセステクニックについてです


まずは補綴検査です

僕たち歯科医師が患者さんの病態をしっかり把握し、診断する、、
正確な診断ができなければそれは誤診となってしまい患者さんの主訴を改善することができない、、
正確な診断のためには何が必要か?


そう!検査なのです!!


そのためには僕たち歯科医師は

・検査の目的

・その検査から分かること、分からないこと

をしっかり把握し、歯科衛生士さんに指示をだし手伝ってもらい検査をしてからの


正確な診断!


なわけです

診断は必要な検査さえ終われば僕たち歯医者が診療時間外でもできます
しかし!検査は歯科医師と歯科衛生士とそして、、このブログを読んで下さっているそこのあなた!!


患者様の協力が必要不可欠なのです!!!


なので検査ばかりでウンザリされたことのある患者さん、、
申し訳ないですが、どうかお付き合い下さい!お願いします!!
僕たちも正確な診断をするために頑張りますので!!!


ということで、つい熱くなりましたがそれほどやはり検査は大事ということを痛感させられた内容でした、、、


次にプロセステクニックです
患者さんの訴えを聞き、検査をし、診断をし、そして診断をする

その過程をカンファレンスシートに記入し、他に必要な検査をわりだし、治療計画をたてる
そのプロセスのテクニックを学びました!

それにおいて大事なのは

3つの目

であるとのことです

まずは一つ目は

虫の目!
強拡大でケースの細かいとこをみていく必要がある!

あーなるほどなるほど、虫は小さいからなんでも大きく見えますものね!

そして二つ目は

鳥の目!
様々な情報で全体像を見る!

確かに確かに、鳥が空から地上全体を把握してるイメージですね!分かる分かる!!


最後三つ目は

魚の目!
時間軸や治癒、回復の観察を見る!

あー魚って刻の涙をみる?のか?ね?Ζガンダム的、な?

!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

正直魚と経過観察のこじつけがいまいち分からないDr.岡でしたが、この三つの目を使い!患者様の治療計画をばしばしたてていきたいと思います!!


そんなshurenkai 補綴臨床ステップアップ講座ですが、次回で終わりになります

久しぶりに共に学ぶことのできた親友の佐藤先生ともあと1回しか会えないのは寂しいですが、最後の1回!佐藤先生としっかり学んで来ようと思います!



オッケーな佐藤先生です


Dr.岡でした



スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる