Shurenkai学術講演会


2016.6.9品川KaVoショールームにてShurenkai学術講演会に参加させて頂きました。
今回のテーマは『ドイツの補綴、日本の補綴。』
Shurenkai主宰の中村 健太郎先生。ドイツマイスター技工士の大川 友成先生。Shurenkai技工インストラクターを務める松前 団先生。三名の先生方からCAD/CAM技工をメインテーマにして、お話を聴くことができました。
まず驚いたのは、大川先生が話されたドイツの歯科業界。日本では保険適用外の補綴装置が保険適用であったり、国民も歯科への関心がとても高いことがわかりました。
そしてその一端を担う歯科技工士の仕事内容にも驚きました。大川先生のラボ(歯科技工所)では直接患者さんが訪れ、ディスカッションしながら1つの補綴装置を作り上げているそうです。時には患者さんが求める歯とプロの目から見た歯とが一致しない時もあるので納得いくまで話し合い、作り直しをするそうです。納得した歯が完成後、歯科医院にて歯科医師からの最終チェックを受け患者さんに装着されるとのことでした。オンリーワンの歯を作るためにはお金も時間もかけるドイツ国民性なのでしょうか。日本には無いとても良いシステムだと思いました。
CAD/CAM技工に関しては、歯科医師と歯科技工士で連携を取り、患者さんの要望にあった最適な補綴装置、材料(マテリアル)を選択し、その特性にあった設計を行う。そして、口腔内に確実に接着することが大切だと実際の症例を見ながら説明して頂きました。
これから歯科医療の主軸になるCAD/CAM技工について、もっと勉強していかなければならないと感じた1日でした。

技工士 高橋
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる