第125回補綴学会発表

金沢で開催された第125回補綴学会で発表してきました。

タイトルは「超高速MRIを用いたブラキシズム中の下顎頭の変位量〜Displacement of temporomandibular joint during bruxism movement to deglutition using ultra-high-speed MRI〜」です。

IMG_6128[1]_convert_20160719094108

学会ではインプラント研究で有名なProf. Zarbがインプラント治療の歴史をわかりやすく講演されていました。

またインプラントには適応症例があるということをお話されていました。

CANADAでは全ての欠損症例がインプラントになるというわけではなく、有床義歯による咀嚼機能の回復も行われており、日本に入ってきている情報と異なっていると感じました。

大学の同期で初の教授になった古屋教授や、学生実習でお世話になった若林教授、馬場教授ともお話しする機会に恵まれて、私にとっても思い出深い学会参加となりました。

歯科医師 東
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる