IWAKIRISYSTEMセミナー 第2回目

 本日第二回目は、AMシャープニング、
PM口腔内写真の撮り方について学びました。

シャープニングの実技では、効率良く、
正確に行なうための技術を習得しました。
お寿司屋さんに例えると、包丁を大切に扱い、
良く研がれた最高のものを使用します。
私達にとって包丁は、スケーラーであり、
より良い歯周病治療を成功させるため、
患者さまに、使用する器材に対し、
メインテナンスを徹底していきたいと思います。
 
口腔内写真とは、患者様一人一人のお口の中の
状態を把握するために撮影を行います。
歯列の状態や、歯牙の状態、咬みあわせなどを確認し、
今後の治療計画を立てるにあたり、
とても大切な、資料となります。

求められるものとして、
①規格性の高いものである事。
②患者さまの負担の軽減。
につなげていくための、スピード感など、質の高い治療を
提供する事ができるよう、スタッフ間での勉強会を重ね、
頑張っていきたいと思います。
                        歯科衛生士 渡辺留実

RIMG10751.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる