歯科医師会学術講演会

7月28日歯科医師会学術講演会に出席してきました。
講師は東京医科歯科大学顎関節治療部の木野先生で講演内容は「顎関節治療の新しい戦略と戦術」~TCHの是正とリハビリトレーニング~でした。

GetAttachment_20120730142635.jpg

「みなさんは、唇を閉じた時に、上下の歯が接触していますか?していませんか?」
もし、接触しているようならば、上下歯列接触癖(TCH)の習癖を有する可能性があります。
木野先生は「顎関節の発症機序は、複数の寄与因子の積み重ねで発症しており、「かみあわせだけ」とか「生活習慣だけ」など単一の因子に原因を求めても治癒しない、それらを複合して治療戦術を立案していく必要がある」と述べられておりました。そして、「顎関節症のの基礎疾患としては上下歯列接触癖(TCH)が関係していることが多い」ともお話されていました。
当院では、上下歯列接触癖の改善指導を組み込みながら治療を行うことで、より患者さん本来の噛みたい位置でかめるようなかぶせ物、義歯を作製、装着することを目指しています。
これからも生活習慣改善においては患者さんの協力を得ながら、顎関節治療、かぶせもの、義歯治療を行っていきます。                
                                               歯科医師  東

スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる