歯周病治療のポストグラデュエートコースに参加しました


大阪大学中之島センターにて歯周病治療のポストグラデュエートコースに参加してきました。講師は山本浩正先生でした。

GetAttachment[2]

ご自身の歯を少しでも多く残していくには定期的な歯周病治療のメンテナンスが不可欠だとおっしゃられていました。

当院でも多くのメンテナンス患者さんに定期的にご来院いただいていますが、定期的に来院されてチェックを受けている患者さんと、痛くなってから来院される患者さんではなんと10年間で歯を失うリスクが4倍も違ってくるという

データを教えていただきました。これは、怖いことに10年間で定期的にご来院される患者さんが1本歯を失うのに対して、不定期に来院される患者さんでは4本失うことを意味しています。

現在日本は超高齢化社会を迎えていますので、現在若年もしくは中年の患者さんでも定期的にメンテナンスを受けるメリットはかなり大きいのではないでしょうか?

また、最近の「平成23年 歯科疾患実態調査」から


1. 8020運動の達成率が初の30%超え、80歳での1人平均残存歯数も13.9本と前回調査より増加している
2. 一方、中~高齢者の間で歯周病などの口腔トラブルを抱えている割合が上昇している
という結果が報告されています。


厚生労働省の歯科疾患実態調査からも、高齢者の患者さんの歯周病のトラブルが増加してきていることがうかがえます。

これからもご高齢の患者さんからまだ若い患者さんまでご来院される全ての患者さんにご自身の歯で楽しい食生活を過ごしてもらえるよう、

患者さんのご協力をあおぎながら、歯科衛生士とともに歯周病のメンテナンスに取り組んでいきます。今回学んできたことをより多くの患者さんに具現化していけるよう、さっそく院内勉強会で検討していきます。
スポンサーサイト
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる