超音波スケーラーのセミナーに参加してきました

12月10日(日)に太陽歯科衛生士専門学校で行われた超音波スケーラーの講義、実習セミナーに参加してきました。
この学校は私の母校で、教えてくださっていた先生方もいらっしゃり懐かしさくを感じました。

超音波スケーラーは歯医者さんでクリーニングをするとき、キーンと高い音が響いていると思いますが、
その音の正体が超音波スケーラーというものになります。
主に歯石を除去する時に使用しています。
(ちなみに、キーンという音は風を切っている音なので、決して歯を削っている音ではありませんよ。)

この超音波という機械は歯のクリーニングを行うには欠かせないものです。
最近ではチップの種類も増え、いろいろな場面で使用できるという事がわかり
そのことについて詳しい説明を太陽歯科衛生士専門学校の講師の方が本にして出版されました。

今回のセミナーでは、早く他のスタッフに伝えたい!患者さんにやってあげたい!と思える内容でとても勉強になりました。

太陽セミナー
写真は太陽のOGと講師の先生方と。

歯科衛生士 村上

和田精密 杉元先生BioNaセミナー

11月26日、浅草橋で杉元先生の和田精密BioNaガイドサージェリーセミナーに行ってきました。

私の中でここ近年は規格模型ー咬合平面ー機能運動ーCADCAMの連動を臨床応用することに注力していたのですが、
そこに加えて、ガイドサージェリーまで包括して解説した、素晴らしいセミナーでした。
デジタルの進歩は歯科の分野でも早いので、目的「患者さんにかみ心地の良いかぶせ物、義歯を提供すること」を変えずに
キャッチアップしていかなければならないと思いました。
そのポイントは歯・歯周組織ー顎関節ー筋を三味一体で考えることです。
ブログ用写真

歯科技工士と相談して、患者さんへ早く還元できるようにしたいと思います。

歯科医師 東

メインテナンスセミナー

11月19日、PEC歯科衛生士メインテナンスセミナーに参加してまいりました。
今回は実技ではなく、患者さんはメインテナンスで得をするのか?という観点から、論文やデータ、症例を基にして考えるというものでした。
驚くことに、定期健診で歯のメインテナンスを行っている人と行っていない人の10年後の喪失歯数を比べると1本と3本で3倍も違ったそうです。
これからも患者さんに合わせたメインテナンスを行うことで、健康と健口サポートしていきたいと思いますでよろしくおねがいいたします!

1121.png


歯科衛生士 小野

10月の勉強会

こんにちは!

10月20日に院内にて勉強会を行いました。

『月1回東歯科医院の患者さんのことを考える時間』
診療をする上で色々と出てくる問題や疑問、皆様に気持ちよく来院して頂けるよう日々改善に勤しんで参りたいと思います。

大切な診療時間を頂き、ありがとうございました。


『セルフメンテナンス』
という言葉をご存知でしょうか?

当医院では定期検診を3〜4ヶ月又は6ヶ月くらいの間隔で来院をお勧めしています。

定期検診の一回のクリーニングだけでは、お口の中を健康に保つことは正直難しいです。
毎日溜まってしまう汚れを、ご自身でこまめに磨いて頂く『セルフメンテナンス』がとても大事なんです!
一人一人歯列が違ったり、お口や身体の状態は違いますから、汚れが残りやすい苦手なところが出てきて当然です。
定期検診では歯科衛生士が『プロメンテナンス』として、皆様の『セルフメンテナンス』をサポートできるようお迎えしております!
定期的なメンテナンス、お待ちしています♪

歯科衛生士 野本

インプラントメインテナンスセミナー

先日インプラントのメインテナンスセミナーに参加してまいりました。
(メインテナンスとは、定期健診時に汚れや細菌を取り除き、更につきにくくする事です)
今回は超音波スケーラーという機械を使用した効果的なメインテナンス方法を学びました。

インプラントは歯周病にはならないと思われがちですが、それは違います。
適切なケアがされていないと歯ぐきは腫れ、せっかく入れたインプラントもグラグラに揺れてきてしまいます。
当院では、インプラントの揺れを測定する機械やメインテナンス器材がしっかり揃っておりますので、
定期的にチェックして、毎日おいしくご飯を食べましょうね!

burogu.png

(写真右 講師の松丸さん)
プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
東歯科医院
www.higashi-dental.jp
川口市芝園町1-1
048-266-3119

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる